【ひぐらし卒】レナと謎の女『間宮リナ』の関係性は?父親が大金をだまし取られていた?

8月 6, 2021

©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会

2021年7月1日からいよいよ放送が始まった『ひぐらしのなく頃に卒』。『ひぐらしのなく頃に業』では無かったレナ視点で物語が進んでいくのが新鮮ですね。

『ひぐらしのなく頃に卒』の第1話で「間宮リナ」という女性が初登場しました。

旧作の悪役だった人物が『業』と『卒』では他の欠片(世界線)の干渉により心を入れ替えた状態で登場するため、元々がどういった人間性だったのか過去作を見ていないと分かりづらいですよね。

間宮リナもその一人。

そこで間宮リナはどんな人物なのか、竜宮レナとどういった関係なのか、過去作の登場シーンも踏まえてまとめていきます。

スポンサーリンク

『ひぐらしのなく頃に卒』の間宮リナ

©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会

「またあの人・・・?」

レナはお父さんが夜遅くに出かけると言った際に、ある女性のことを頭に浮かべ、その人物に敵意を抱いている様子が伺えます。

なぜその女性を恨んでいるのか、それはどうやらお父さんが関係しているようですね。

父が出かけている間、レナは部屋を掃除していると”リナ”と書かれた名刺を発見してしまいます。

「間宮リナ」の素性について

©2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会

”リナ”というのは源氏名で、本名は「間宮 律子(まみや りつこ)」

名刺によるとその女性は興宮北口前のフラワーロードにある「紳士倶楽部-BLUE MERMAID」というキャバクラに勤めるキャバ嬢だったことが発覚。

『卒』では自分と同じ境遇の娘がいると聞き、これ以上レナの父親から金をむしり取るのは悪いと考えたリナは、「お父さんがお店に来るのをやめるように説得してほしい」と伝えるためにレナに近づいてきました。

しかしこれは本来あり得るはずの無い奇跡の世界での話で、元々「間宮リナ」という女性は梨花が100年間繰り返したどの世界線でも必ず悪事を働いているような人物だったんです。

それでもこの世界の間宮リナは心変わりしていることに間違いは無く、惨劇も起きないはずだったのですが、レナが”H173”を打たれてしまったことにより疑心暗鬼になり、またしても最悪の悪夢が引き起ってしまったというわけですね。

レナの父親が通っていた『興宮(おきのみや)』とは

ひぐらしのなく頃にシリーズの物語の中心となっているのは鹿骨市(ししぼねし)の外れにある「雛見沢村」という架空の市、架空の村が舞台となっていて、雛見沢の次によく作中に出てくるのが『興宮(おきのみや)』という地名。

「興宮」も同じ鹿骨市で、雛見沢から山道をしばらく下ったところにある町のことです。

興宮は比較的栄えており、雛見沢の人々が買い物する際は興宮の町まで行って済ませたり、圭一達がゲーム大会などでよく遊びに行っているおもちゃ屋さんの「ダビンチ」も、詩音がバイトしていたファミレスの「エンジェルモート」も興宮にあります。

レナの両親の過去について

レナが自分の父親に近づく間宮リナという女性になぜあそこまで目の敵にしていたのかはレナの過去が大きく関係しています。

元々レナにはお母さんがいたのですが、レナの母親は他の男と不倫をしていました。ある日レナはお母さんが不倫相手と結婚することと、既にその相手との子供を妊娠していたことを打ち明けられます。

その後離婚。父親は元妻からの多額の慰謝料がありました。

レナはその経験が重なり、「今度はレナが頑張らないと」と責任を感じているようです。

『ひぐらしのなく頃に(第1期)』で登場した間宮リナ

『卒』で登場した間宮リナは、奇跡が起こった世界での間宮リナで、本来の人物像は第1期の『ひぐらしのなく頃に』にて描かれています。

間宮リナはレナのお父さんと付き合っていたため普段から家に入り浸り、レナと顔見知りでした。

ところが裏では協力している男(北条鉄平)と一緒にレナのお父さんのことを”雛見沢の旦那”と呼び、美人局のカモとして近づいていただけだったんです。

元妻からの莫大な慰謝料目当てに間宮リナが再婚を持ちかけようとするもレナは断固反対。

頭に来た間宮リナは、金を手にするのに邪魔になったレナのことを首を絞めて殺そうとします。しかし返り討ちに遭い、最終的にダム工事現場跡地でレナに撲殺されてしまいます。

かなりショッキングなシーンですよね。

第1期を見ていた自分からすると、間宮リナは根っからの嫌な女というイメージだったからこそ、『ひぐらしのなく頃に卒』での変貌っぷりに驚きましたね。

旧作ではどうやら、レナのお父さんは不倫されていたのが原因で離婚したのちにキャバクラ狂いに陥り、間宮リナに目を付けられてしまったんですかね。一方『卒』では、キャバクラの常連客止まりで付き合うまでは行かず、むしろ間宮リナはレナに止めてもらおうと考えていました。

これまでのシリーズではあり得なかった世界線が描かれているところが『ひぐらしのなく頃に業』『ひぐらしのなく頃に卒』の面白いところですね。

まとめ

これまでの『ひぐらしのなく頃に』シリーズで悪役だった「間宮リナ」の旧作と今作の違いについてまとめてみました。

このシリーズは全く同じ舞台でも、「もし○○だったら」「逆にあの時こうだったら」というように何度も別の世界線を追っていく物語の構成になっているため、『ひぐらしのなく頃に業』から見始めた人にはかなりややこしくなってしまっている部分もあるかもしれませんね。

今作からでも十分楽しめるとは思いますが、もし見ていないのであれば旧作も非常に面白いのでこの機会に是非一度見てほしいです。

ひぐらしシリーズは各配信サイトで視聴可能

『ひぐらしのなく頃に』シリーズはこれまでの作品も含めて各見放題サイトで配信されています。

似たようなタイトルが多くてどれを見ればいいの?という方は、『ひぐらしのなく頃に』と『ひぐらしのなく頃に解』が物語の軸となっているので、その2つさえ見ればさらにこのシリーズを楽しめると思います。もし興味があれば是非。

Amazonプライムビデオ: ひぐらしのなく頃にを観る

Amazonプライムビデオ: ひぐらしのなく頃に解を観る

Huluで視聴するならこちらから

dアニメストアで視聴するならこちらから